WORKS

谷口嘉 展 「山笑う」

ガラス作家・谷口嘉による個展「山笑う」を開催しました。
 

「僕はモノを作る時に、シンプルさを大切にしています。自分の手というものをあまり信用していないので、触りすぎて手癖などの良くない部分が出ないよう、余計なものを省き、やり過ぎないようにしたいと思っています。」実直で謙虚な言葉は、彼の作品をそのまま表しているようです。

繊細なゆらぎを持つガラスの透明感は、作家の内面から溢れる光を感じさせます。

 

谷口さんが様々な工芸の中からガラスの素材を選んだのは、作業工程が面白かったからだといいます。

今回ご紹介するガラスの器は、型にガラスを吹き込んで成形する「型吹き」という技法で制作されました。

繊細なディティールを生み出す型は、殆どがオリジナルで、やきものなどの伝統的な形状やサイズを応用しつつ、使い手の需要やガラスの性質なども考慮し制作しています。クールな表情と丁寧な手作業が融合し、独特の存在感を放つ作品となっています。

 

草花が次々とつぼみをほころばせる季節に合わせて、新作の花器を発表しました。会場では華道家の塚田有一さんが、谷口さんの器に華を添えました。

 

Category: Exhibition

Date: 6 - 11 Apr. 2021

Venue: HILLSIDE TERRACE, galley ON THE HILL

Organize: galley ON THE HILL

Collaboration: Yuichi Tsukada

Exhibition cooperation: HILLSIDE TERRACE