WORKS

内田鋼一展  – いろいろ –  

陶芸家 内田鋼一による2度目の個展「内田鋼一展-いろいろ」を開催。茶碗、器、酒器、オブジェ、金属を使った日常・非日常の作品、ドローイング等、内田鋼一の数百点に及ぶ様々な作品を展示、販売を行い、 多様に移りゆく世の中で、世界を旅してきた内田鋼一が表現する美学、その「いろいろ」をご紹介しました。

会期中には、内田鋼一制作のBar Counterを用いた2日限りのUchida's Barや、映像作家柿本ケンサク氏による内田鋼一へのインタビューや作陶の様子を収録した映像を上映しました。

 

内田鋼一:

本展覧会の作家 内田鋼一は、特定の師や会派に属さず、世界各国(東南アジア、インド、アフリカ、オーストラリア、欧米など)の窯場に住み込み修行を重ね、独自の表現を体得した異才の作家です。

1992 年三重県四日市市に窯場を構え、22 歳で作家として独立。2000 年「うつわをみる‐暮らしに息づく工芸‐」展(東京国立近代美術館工芸館)へ出展。2003 年、初個展「UCHIDA KOICHI」展(パラミタミュ ージアム・三重)にて、高い評価を獲得。その後、ニューヨーク、ロンドン、オーストラリア、イタリアなど 国内外で精力的に発表を続けています。

 

作品の特徴:

内田がものづくり(ヤキモノ)のうえで大切にしていることは、「内からの力をはらんだヤキモノをつくる」こと。その土地固有の土をよく知り、自分の内から湧きあがる柔軟で大胆な発想により、その素材感や香りま でも生かし「かたち」づくる。用の美だけではなく、抽象的な行為、抽象性をはらむ。一見シンプルですが、 プリミティブな力強さと繊細さが混在した内田の作品群は、国籍を超え「無国籍」な作風として広く知られて います。

Category: Exhibition

Task: Exhibition Produce

 

Date: 18 - 27 Nov. 2016

Venue: HILLSIDE TERRACE, Hillside Forum

 

Creation: Kouchi Uchida

 

Organize: galley ON THE HILL

Cooperation: HILLSIDE TERRACE

Photograph&Video: Kensaku Kakimoto

​gallery ON THE HILLのニュースレターに登録する
© gallery ON THE HILL 2019