WORKS

『とまる』  黒谷和紙作家 ハタノワタル展 

gallery ON THE HILL(代官山ヒルサイドテラス内)では、2021年10月8日(金)から17日(日)まで、京都府綾部市を拠点に活動する黒谷和紙作家・ハタノワタルによる個展 『とまる』 を開催しました。

1400年の歴史を持つ和紙は、今なお日本の様々な場所で作り続けられています。

ハタノさんが拠点とする京都府綾部市は、黒谷和紙の産地です。黒谷和紙は昔ながらの素朴な風合いが魅力で、丈夫で破れにくく長期の保存に適しています。美しさと強さを兼ね備えた黒谷和紙に魅了され、ハタノさんは紙漉き職人として活動するようになりました。現在も紙漉きを行いながら、黒谷和紙を素材とした平面作品の制作から空間のデザイン施工を行う気鋭の作家として、新たな和紙の可能性を追求しています。

ハタノ作品は内に秘めた力強さを感じさせます。代表作である「積み重なったもの」シリーズは、和紙、土、顔料などが幾層にも重ねられ、長い年月をかけて積み重なってきたものの美しさを表現しています。また、数多く手がける無彩色な作品についてハタノさんはこう語ります。

「黒は無意識や想像力を導くような、とても深い色です。闇を見たら怖いと感じるし、そのような恐怖から出てくる創造性があると思います。妖怪を想像したりアイデアが浮かんだり、夜になれば見えてくるもの。そのようなものを黒で表現しています。白は窓の外を見るような、開放していける色。白骨化していく、古びていく、白茶ける、といった風合いを意味した白だと思っています。黒も白も想像のきっかけになれるものを作っていきたいです。」

 

本展覧会テーマは『とまる 』 。自分の時間を一度止めて、立ち止まって考えてみようという作家の想いが込められています。会場には無意識や想像力を導く黒い空間の闇を演出し、慌ただしい現代社会に生きる私たちが自分と向き合える場を創出しました。

展示販売作品は平面作品「積み重なったもの」シリーズや、天板に和紙を施したテーブルなど。展示コラボレーターとしてニューライトポタリーが照明協力を行いました。

また、「とまるー立ち止まって考える」をテーマにトークイベントも開催。ゲストにデザイナーの皆川明さん、モデレーターに建築家の榊田倫之さんをお迎えしました。

​トークイベント:https://www.youtube.com/watch?v=yFs_xV1Bkf0

Category: Exhibition

Date: 8 - 17 Oct. 2021

Venue: HILLSIDE TERRACE, galley ON THE HILL
 

Creation: Wataru Hatano

Organize: galley ON THE HILL

Exhibition cooperation: HILLSIDE TERRACE

Collaboration: NEW LIGHT POTTERY, Mario Hirama
Photograph: Kei Okano

Gallery Talk: Akira Minagawa, Tomoyuki Sakakida                                             Wataru Hatano

Technical Support: Yutaka Endo