Loading
Back to ON THE HILL

store vol.6 内田鋼一展 – 猿楽にて

July 12th, 2014  /  Category: BLOG  / 

koichiUCHIDA1koichiUCHIDA2_sarugakukoichiUCHIDA3blog_koichiUCHIDADM

 

store & event produce ON THE HILLより、企画展のご案内です。

内田鋼一展 – 猿楽にて
2014年7月28日(月)~8月10日(日)* Open 11;00 – Close 19;00  < 最終日 18;00まで >*会期中無休

会場 ヒルサイドフォーラム ・ gallery ON THE HILL
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟
入場料 無料

===========================

2014年7月28日(月)から8月10日(日)まで、
現代陶芸の旗手 内田鋼一の個展
「内田鋼一展-猿楽にて」を開催いたします。

作家が本展覧会開催地である猿楽
(会場である代官山ヒルサイドテラス一帯の地名)の地に敬意を表して、ヒルサイドテラス敷地内の土を用いて制作する“猿楽茶碗”のお披露目もございます。ぜひ、ご高覧ください。

展示作品
猿楽茶碗、茶道具、立礼卓、風炉先屏風、花器、写真家 若松孝平氏の詩のイメージを表現したオブジェ、金属を使った日常・非日常の作品、日常使いの陶器も出品(販売も行う)

“猿楽茶碗”について
本展覧会の会場である代官山ヒルサイドテラス一帯の地域は、「猿楽町」と呼ばれています。古来より人々が生活している土地柄ということもあり、ヒルサイドテラス敷地内には二基の円墳が存在しています。
“猿楽茶碗”は、この猿楽の地に敬意を表し、この猿楽の土を使用して、限定数で制作され、その他の展示作品同様、販売します。

オープニングレセプション
7月28日(月) 18:30 ~ 20:30 ※招待状をお持ちの方のみ

その他
プラントハンター西畠清順氏の植物が内田鋼一氏の器を飾り、
ミナモトタダユキ氏の映像が会場で展示されます。

協力
写真・撮影 渞 忠之
プラントハンター 西畠 清順 (そら植物園)
広報アドバイザー 清原 雅美(IGNIS Inc.)
ヒルサイドテラス

===========================

千 宗屋 (せん そうおく)
武者小路千家15代家元後嗣。2003年「宗屋」襲名、大徳寺にて得度する。斎号は隨縁斎。千利休より続く茶の湯の伝統を現在に継承しながら、かつその卓越したセンスで発展させ、現代に伝える。日本美術史家として明治学院大学での講師を勤める他、国内各地での講演、海外への茶の湯文化の発信なども積極的に行っている。2008年文化庁文化交流使。著書に一般向けの茶の湯解説書としてベストセラーになった「茶ー利休と今をつなぐ」(新潮社)、「もし利休があなたを招いたら」(角川書店)ほか多数。近著に「茶味空間。茶で読み解くニッポン(CASABOOOKS)」(マガジンハウス社刊)。

西畠 清順 (にしはた せいじゅん)
幕末より150年続く花と植木の卸問屋、花宇の五代目。日本全国・世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。日々集める植物素材で、国内はもとより海外からの依頼も含め年間2000件もの案件に応えている。2012年、ひとの心に植物を植える活動“そら植物園”をスタートさせ、植物を用いたいろいろなプロジェクトを多数の企業・団体などと各地で展開、反響を呼んでいる。著書に “プラントハンター 命をかけて花を追う”(徳間書店)、“そらみみ植物園”(東京書籍)など。

写真家 ミナモトタダユキ
岡山生まれ。渞忠之写真事務所主宰。国内外のアーティストのポートレイトを中心に、広告、エディトリアルと幅広く活動。美術、工芸、演劇と日本文化に造詣が深く、映像(アーティストPV)も含めてジャンルを超えて活動の場を広げている。主な写真集、書籍「月喰。」「BALLERINE」「造化自然」狂言サイボーグ(野村萬斎)きもの美巡礼(森田空美)茶味空間(千宗屋)もののみごと(田中敦子、共著)

内田 鋼一 略歴

1969年 愛知県名古屋市に生まれる
1990年 愛知県立瀬戸窯業高校陶芸専攻科修了
1992年 三重県四日市市に移り独立
1993年 個展を中心に活動開始
1999年「東海の陶芸」展(名古屋国際会議場・愛知)
2000年「うつわをみる- 暮らしに息づく工芸-」展
(東京国立近代美術館工芸館)
2003年「UCHIDA KOUICHI」展(Paramita Museum・三重)
作品集『UCHIDA KOUICHI』を求龍堂より刊行
2004年「静謐なかたち 内田鋼一 Uchida Kouichi works2003-2004」展
2006年「陶芸の現在、そして未来へ Ceramic NOW+」展
(兵庫陶芸美術館)
“SOFA”(ニューヨーク)
JAPANESE CRAFTS(ギャラリーベッソン・ロンドン)
2008年「新進陶芸家による『東海現代陶芸の今』」展
(愛知県陶磁資料館)
”melbourne Art Fair”(オーストラリア・メルボルン)
”Rosso: Uchida Kouichi”(Daniela Gregis・イタリア・ベルガモ)
「aim (art in mino)’08・土から生える」展
(多治見市、土岐市、瑞浪市・岐阜)
2009年「第43回『明治村茶会』日本庭園、野点席 席主担当」
(愛知県犬山市明治村)
2010年「第3回智美術館大賞展 現代の茶-造形の自由」展
(智美術館・東京)
「茶事をめぐって-現代工芸の視点」展
(東京国立近代美術館工芸館)
2011年「『MADE IN JAPAN』内田鋼一collection」展
(museum as it is・千葉)
「内田鋼一 茶の空間」展 (樂翠亭美術館・富山)
「井上有一・内田鋼一」展(箱根菜の花展示室・神奈川)
2012年「越後妻有アートトリエンナーレ」(十日町・新潟)
「交差する視点とかたち」展
(札幌芸術の森美術館/北海道立釧路芸術館)
“SOFA”(シカゴ)
2013年「内田鋼一展 -うつわからの風景—」(Paramita Museum・三重)

他、スペイン・フランス・イギリス・イタリア・オーストラリア・西アフリカ・ベトナム・タイ・韓国・中国・台湾・インド・アメリカ・南米等で制作及び発表

gallery ON THE HILLのNEWS&EXHIBITION、Facebookでも同様のご案内を掲載してあります。

 

 

 

×
facebook